2014年9月27日土曜日

ダウンロードしたMSXファイルをBlueMSXで活用 カンタン!DISKBASIC

■BlueMSXを読み書き可能にする

 何度もBlueMSXをインストールしています。
オプション-エミュレーション マシン構成:MSXturboRにします。
次にコロン「:」が入力できないキーボードの場合は
ツール-コントローラ/キーボード編集でJoystick 1になっているので
Keyboardの上でクリックして、画面にあるマシンのコロンキーをクリックします。
次にキーボードのコロンキーを押します。

 BlueMSXではフォルダ挿入で合計720KB以下のMSXファイルが
入ったフォルダを読み込むことができます。
 このデータを読み書き可能にするにはbluemsx.zipの
空のファイルをダウンロードしてBドライブに挿入します。


<< bluemsx.zip を ダウンロード >>


BlueMSXで次のコマンドを入力します。

全てをコピーするには COPY"A:"TO"B:" でドライブごとにコピーします。


これで読み書き可能なファイルにできます。
次からはAドライブに変えて使えます。

■カンタン!DISKBASIC

ファイルを見たい場合はFILES
Bドライブのファイルを見たい場合はFILES"B:"
TEST.BASを消したい場合はKILL"TEST.BAS"
  全てを消したい場合はKILL"*.*"です。
名前を変えたい場合はNAME"A.BAS"AS"B.BAS"
BドライブからAドライブにコピーしたい場合は
COPY"B:A.BAS"TO"A:"
となります。





1 件のコメント:

  1. 「:」が入力が出来ました。
    ありがとうです^^

    返信削除